総量規制の”対象”と”対象外”について

Q:よく総量規制対象と総量規制対象外という言葉を聞きますが、違いを教えてください。

A:まずは総量規制について簡単に解説します。

総量規制は”年収の3分の1を超える借り入れを規制する法律”で、2010年6月18日から施工されました。

どうしてこの法律できたのか? というと、多重債務者が年々増加傾向にあり、借り過ぎ・貸し過ぎを防止するためです。

年収の3分の1・・・たとえば年収300万円ですと100万円までの融資が可能なわけです。

総量規制でちょっとした問題が発生!

突然ですが、”主婦”と”専業主婦”の違いはご存知でしょうか?

答えは簡単で主婦はパートなどで少額ながらも安定した収入があるため、融資は可能です。
ですが、”専業主婦”は年収0円のため、借り入れができないわけです。

銀行系のカードローンは総量規制対象外

貸金業法の適用は消費者金融会社です。

そのため、銀行系のカードローンは対象外のため、専業主婦の人でも借り入れが可能です。
※もちろん審査とパスした場合です。

消費者金融系と銀行系の違いは?

消費者金融系:スピード命!けれども金利がやや高め
銀行系:金利が安く総量規制対象外! でも審査がやや厳しめというわけです。

あなたの現状にフィットする業者からの借り入れをオススメします。

お金を借りてみたい! という方は

お金を借りたい【※今すぐ!安心の即日キャッシングならココ!】にて詳細を解説しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ