土木系・ガテン系アルバイトでもキャッシングはできる?

建築・解体現場でアルバイトをしているフリーターのTさん(※20代)。

週5回で1日8時間ほど、日給は約10000円ほどでたまに残業をすることもあるため、日々の生活には困ることはなかった様子。

ただ、友人関係が派手になったせいで浪費をするようになったAさん。

給料は月払いではなく、翌日払いだったため、すぐにお金を使ってしまい、結局住んでいるアパートの家賃を3ヶ月滞納(※12万円)し、保証会社や大家さんから追われる毎日でした。

頼みの綱は・・・友人

親からお金を借りることはできず、仕事仲間からは人間関係を気にしていうことができず、親友にお願いしてお金を借りることに。

しかし、頼みの綱である友人にも断られたため、意気消沈していると「消費者金融なら12万円くらい借りられるんじゃないの?」とアドバイスをもらったようです。

そこで試しにスマホから大手消費者金融へキャッシングの申し込みをしてみると・・・12万円借りることができました。

アルバイトでも安定した収入があればキャッシングは可能

「正社員じゃなければ、安定していないから借りられないのでは?」

と思われがちですよね?

たしかに正社員や公務員のように安定してお給料をもらっているほうが、お金を借りられる確率が高くなります。

ただ、アルバイトやパートであっても、毎月安定した収入が証明できれば、お金を借りるは十分可能です。

※勤続年数から安定性を考慮して、限度額や融資可能か判断するため、たった2~3ヶ月しか働いていない状況だと難しいです。

金額は少なめに

50万円を超えると審査が厳しくなり、収入証明書などが必要になってきます。

そのため、最初は20~30万円程度に抑えてキャッシングの申し込みをすることをおすすめします。

お金を借りてみたい! という方は

お金を借りたい【※今すぐ!安心の即日キャッシングならココ!】にて詳細を解説しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ