駐車違反金を支払わない・・・”財産の差押え”になる前に

つい先週、年末の特番で興味深い特集がありました。

駐車違反金を支払わないで、再三の連絡を無視し続け・・・未納者の自宅の財産である自動車を差し押さえに行く、という内容です。

私は支払いができないから、仕方がないのかな・・・と最初は思っていましたが、ほとんどの人が支払える能力があり、仕事もきちんをしている人ばかりでした。

駐停車禁止場所に駐停車した場合、反則金12,000円(※減点2点)、放置駐車違反は反則金18,000円(※減点3点)。
個人的にはちょっと高いな・・・とは思いますが、ルールはルールなので仕方がないですよね。。

たった数万円をケチるなんて・・・

滞納者の自宅を訪問すると滞納者は不在で、その夫が対応しましたが、悪態をつきまくり(汗)

車を差し押さえるといった瞬間に逆上し、もめ始めると、不在のはずの奥さん登場。

結局その場で未納金を支払って、解決をしました。

たった、数万円をケチって大切な愛車が差し押さえられる・・・なんてありえないですよね。

それに車以外にも、給料の差し押さえなどもあるため、「あれ? 勝手に引き落とされている」なんてことになったらと思うとぞっとします。

どうしても支払えない場合は分割で

私の知り合いの先輩の話ですが、何度も駐車違反をかさねて、18万円以上の放置違反金を支払うハメになったことがあるようです。

とはいえ、18万円って結構大きな金額ですよね?

そこで、分割はできるか交渉をすると10回くらいに分けて支払ってくれればいい・・・とのことだったのですが、無理をして一括払いにしたようです。

理由は「違反金を毎月支払うと思うとイライラするから、一括でスッキリしたかった」とのこと。

ただ、その分お金に困ってしまったらしく、急遽キャッシングでお金をいくらか借りたようです。

ちなみにキャシングは利息があるので、分割で支払ったほうが楽ですが(汗)、人それぞれいろんな考えがあるので、なんともいえません。

お金を借りたい! という方は

お金を借りたい【※今すぐ!安心の即日キャッシングならココ!】にて詳細を解説しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ