お金を貸してほしい・・・なんて友人・家族には言えない

【ラッポさん:30代の”お金にまつわる体験談”】

「気が小さいため、貸してほしいと言えない」

お金がどうしても必要なときは、人間生きていれば誰でも経験することです。

手っ取り早い・・・という言い方はあまりよくないですが、やはり身近な”友人・知人”そして”家族”にお願いする人が多いと思います。

私は、昔から気が小さく、人に頼みごとをするのが苦手でした(※逆に頼まれることが多かったです)

個人的な問題で、どうしても3日以内に50万円ほど必要になり、手持ちが20万円しか用意できず、残りの30万円・・・・を親にお願いして工面してもらおうと思いました。

ただ、流石にお金を貸してほしいとは言えませんし、友人や職場の同僚などにもそんなことは口が裂けても言えませんでした。

期間も迫ってきたとき、たまたまお金を借りたい! とgoogle先生に質問をすると、カードローン会社を紹介するサイトが検索に引っかかり、ダメ元でスマホからキャッシングを申し込んでみました。

※契約社員だったため、審査に通らないのでは? と不安に思っていたからです。

しかし、すぐに結果が分かり、審査も問題なく通りました。
また、職場への在籍確認が不安だったので、そのことを聞くと、給与明細を写メで送って欲しいとのこと。

そりゃそうですよね。どこの誰とも知らない人に30万円も貸すわけですから、安定した収入証明がなければ怖いですよね(汗)

結果的に問題なくすべての審査がとおり、近所の無人契約機でカードを発行して、すぐに30万円をキャッシングすることができました!

お金を借りてみたい! という方は

お金を借りたい【※今すぐ!安心の即日キャッシングならココ!】にて詳細を解説しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ